プレスリリース

Vectorパスポートの会員数が200万人を突破

2007年08月27日

株式会社ベクター(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:梶並伸博)の提供するVectorパスポートの会員数が、8月20日に200万人を突破しました。Vectorパスポートは、ひとつのパスポートIDとパスワードで、株式会社ベクターが提供する幅広いサービスが利用可能となる会員制サービスです。

≪利用できるサービス≫

* ダウンロードしたソフトウェアのバージョンアップを案内するサービス
* 有料ダウンロードソフトウェア購入時のさまざまな特典
* (シングルサインオンでの)オンラインゲームの利用
* 一般的なブログや販売機能を持ったブログの開設
* 月額インターネットセキュリティサービスの利用
* 電子書籍のダウンロード購入
* Web API、Mashup技術コミュニティサイトの利用

これを受けてベクターでは8月27日よりプレゼントや電子マネーが当たる記念キャンペーンを実施します。

■Vectorパスポート会員200万人突破記念キャンペーンページ
http://www.vector.co.jp/special/vpass200/

【サイトに関する資料】
「Vector」は、ソフト登録数国内最大規模のオンラインソフトウェア流通サイト。充実したダウンロードライブラリに加え、ソフトの紹介記事、メールニュース等で常に最新のコンテンツを発信。また、プロダクトソフトのライセンス・パッケージ販売サービスや、シェアウェアの送金代行サービスなどを提供しています。オンラインソフトを「無料で使える・試して買える」サイトとして、月間のユニークユーザ数(重複を省いた利用者数)は660万人を超え、毎月 1,450万本を超えるソフトがダウンロードされています。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社ベクター
:営業部
E-mail
vpsupport@vector.co.jp

プレスリリース » 2007年一覧

ページトップへ