「便利」と「楽しさ」を創る企業に!

社長挨拶

代表取締役社長 ベクターの企業理念は、多くの人々の生活がより「便利」で「楽しく」なるサービスを創造することにあります。おかげさまで、2014年2月に当社設立25周年を迎えることができました。

■第一の創業「ソフトウェア集の出版」

 ベクターの最初の事業は、1994年夏に発行した CD-ROM 付き書籍「フリーソフト、シェアウェア PACK 2000」というソフトウェア集でした。この書籍は半年毎に改訂し、収録するソフトウェアを増やしてまいりました。

 インターネットの普及とともに、ソフトウェア集の出版は1999年に終了いたしましたが、その間にCD-ROMに収録していたソフトをインターネット上で提供するダウンロードサービスが第二の事業として立ち上がってきました。

■第二の創業「ソフトウェアのダウンロードサービス」

 ソフトウェアのダウンロードサービスは、インターネット黎明期である1995年に始まり、1999年7月からは、市販ソフトのダウンロード販売を「プロレジ」サービスの名前で開始、ソフトウェアの電子流通(ESD:Electronic Software Distribution)という新たな分野を切り拓いてまいりました。

 現在では紹介しているフリーソフト・シェアウェアは約12万本、累積ダウンロード数19億本超となり、インターネット定番サービスと成長しました。

■第三の創業「オンラインゲーム」

 第一・第二の創業は「便利」をご提供するものでしたが、ここ数年来注力しているのが「楽しさ」を提供するオンラインゲーム事業です。

 2006年7月に、最初のクライアントサーバ型オンラインゲーム(パソコンにダウンロードするもの)のサービスを開始したのを皮切りに、2009年4月には日本初のブラウザ型オンラインゲーム専門ポータル「ブラゲタイム(現名称 『Vector Game』)」をオープンしました。

 さらに2009年8月には、ベクター初のモバイルオンラインゲームのご提供を開始し、携帯電話でのオンラインゲーム分野にも進出いたしました。

 その後もタイトルのラインナップを強化やスマートフォンへの対応を手掛け、日本でも有数のオンラインゲーム会社に成長しました。2014年3月期決算では、営業収益の7割がオンラインゲーム事業によるものとなっております。

■今期(2015年3月決算期)の展開

オンラインゲーム事業
 オンラインゲーム事業を構成する三つの分野のうち、従来型オンラインゲーム(クライアントソフトをパソコンにダウンロードするもの)は、ユーザ獲得が年々困難になっている現状を鑑み、新規タイトルのリリースよりも、既存タイトルのテコ入れによる売上維持を図ります。

 ブラウザゲーム (パソコンのブラウザ上で起動するダウンロード不要のオンラインゲーム)は、複数のゲーム運営サイトにタイトルを提供することにより、ユーザ獲得が見込めることから、新規タイトルのリリースを行うことにより売上拡大を図ります。

 スマートフォンゲームは、従来のライセンスイン方式を見直し、オリジナルタイトルを開発することにより、利用者のニーズや興味に即応することを目指します。

ソフトウェア販売事業・サイト広告販売事業
 ソフトウェアのダウンロード販売事業は、Windows XP のサポート終了にともなう特需が今期も継続していますが、パソコン向けソフトウェアの個人市場の縮小の影響により、右肩下がりの厳しい環境下にあることは変わりません。サイト広告販売事業も同様の環境に置かれています。

 今期これらの事業は、経営の効率化を図り、営業収益が減少しても利益を維持できるようにいたします。

新規事業
 スマートフォン・タブレット市場の拡大に合わせ、従来当社が提供していた事業ドメインに縛られることなく、新たなサービスの提供を開始する計画です。

 ベクターは、今後も現状に満足することなく、常に向上心を持ち続け、新たなサービスを開拓し、企業価値の向上に邁進してまいりますので、皆様にも、より一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2014年6月 代表取締役社長 梶並 伸博

行動指針

行動指針

ページトップへ