「便利」と「楽しさ」を創る企業に!

社長挨拶

代表取締役社長 ベクターの企業理念は、多くの人々の生活がより「便利」で「楽しく」なるサービスを創造することにあります。おかげさまで、2019年2月に当社設立30周年を迎えることができました。

第一の創業「ソフトウェア集の出版」

 ベクターの最初の事業は、1994年夏に発行した CD-ROM 付き書籍「フリーソフト、シェアウェア PACK 2000」というソフトウェア集でした。この書籍は半年毎に改訂し、収録するソフトウェアを増やしてまいりました。

 インターネットの普及とともに、ソフトウェア集の出版は1999年に終了いたしましたが、その間にCD-ROMに収録していたソフトをインターネット上で提供するダウンロードサービスが第二の事業として立ち上がってきました。

第二の創業「ソフトウェアのダウンロードサービス」

 ソフトウェアのダウンロードサービスは、インターネット黎明期である1995年に始まり、1999年7月からは、市販ソフトのダウンロード販売を「プロレジ」サービスの名前で開始、ソフトウェアの電子流通(ESD:Electronic Software Distribution)という新たな分野を切り拓いてまいりました。

 現在では紹介しているフリーソフト・シェアウェアの累積ダウンロード数は20億本超となり、インターネット定番サービスと成長しました。

第三の創業「オンラインゲーム」

 第一・第二の創業は「便利」をご提供するものでしたが、ここ数年来注力しているのが「楽しさ」を提供するオンラインゲーム事業です。

 2006年7月に、最初のクライアントサーバ型オンラインゲーム(パソコンにダウンロードするもの)のサービスを開始したのを皮切りに、2009年4月には日本初のブラウザ型オンラインゲーム専門ポータル「ブラゲタイム(現名称 『Vector Game』)」をオープンしました。

 さらに2009年8月には、ベクター初のモバイルオンラインゲームのご提供を開始し、携帯電話でのオンラインゲーム分野にも進出いたしました。

今後の展開

既存事業
 投資リクープ達成、部門営業利益の黒字化を前提とした収益増大の施策実行と効率化による費用の縮小を図り、営業利益の最大化を目指した事業の運営を行ってまいります。

新規事業
 スマートフォン市場の拡大に合わせ、従来当社が提供していた事業ドメインに縛られることなく、新たなサービスの開発・提供を進めていく計画です。

 現状に満足することなく、常に向上心を持ち続け、企業価値の向上に努めてまいります。

代表取締役社長 梶並 伸博

行動指針

行動指針

ページトップへ